ウェイクボード WAKEBOARDING



ウェイクボード  広大な海の上を自由に滑る!

 ウェイクボードはまさに水上のスノーボード!
ボートからラインを伸ばしそれを握ってボートに引かれながら海の上を滑るスポーツです

ウェイクボードは1本だいたい15分で次々に他の人と交代していきます。
一人15分っていうと、なんだか短い気がしますが、フツーに15分間足の届かない深い海で 浮いていろと言われただけで、結構大変な運動だということがわかるかと思います ボート
ボートに乗れる人数はそのボートによりけりですが、だいたい6〜8人が乗れるのが一般的です☆

この夏(2008)には、大学のスノボ部メンバー20名を引き連れて、ウェイクボードに行きました

みんなもちろん初心者でしたがぁ、半分くらいは初めてなのにちゃんと立つことができました♪ 意外にウェイクボードは初心者でも1日目で結構上達できるスポーツなんです

 下の動画は私が初めてウェイクボードを経験したときの動画です(注意:音が出ます)
 初ウェイクを経験したのは、広島でインターンシップをしているときに、会社の先輩方に連れて行ってもらったのが最初でした
まさか、インターンシップでこんな経験ができるとは。。
 一番最初からいい感じに立つことができて、やっぱスノボをしてるともっと上達が早いかもですね☆

 あと、ウェイクボードをやるときのボート内では、ソファーがついているので、そこでくつろぎながら 自分の順番を待つことができます。このゆったり待ってる間もなんだかリッチな気分を味わえていいですw
 スノボと違うところも、このボートにみんなが乗ることで、常に他の人が滑っているところを 前から観察&撮影することができますv
スノボはゲレンデで一度仲間とはぐれると孤立しちゃいますけど、 ウェイクは初心者も上級者も常に一緒に楽しむことができます☆

ウェイクボードの醍醐味は、ボートが作る波(ウェイク)を使って、ジャンプやスラロームで技を競うところにあります。
ボートが作る波はハの字形になりますが、その二つの波を両方超えるのがツー・ウェイキー(2wake)という技で、 1つだけジャンプで超えるのがワン・ウェイキー(1wake)と言います

 その他まだまだいろんな技がありますがぁ、僕自身がそんなレベルではないので、 興味のある人はこちらでどうぞ☆

Add Comment
Name  
Message